Top > ご利用案内 > お葬式の基礎知識

お葬式の基礎知識

▼ 喪服「葬儀の服装」
遺族や近親者、世話役代表(葬儀委員長)は、正式の喪服を着用しますが その他の一般弔問客は、略式の喪服でよいでしょう。

男性の場合
<男性の正装>モーニング
略式の揚合、ブラックスーツ(準喪服)もしくはダークスーツに 黒ネクタイ、黒の靴下でよいでしょう。
女性の場合
<女性の正装>黒無地のワンピースかツーピース
夏ならブラウスとスカートでも構いません。ただしノースリーブや 襟ぐりの大きなデザインのものなど、肌を露出する服はタブーです。 又、透けた素材や光沢のあるものも避けましょう。
<女性の和装>黒の一つ紋の着物、
帯やハンドバックなども黒の物を用います。アクセサリーはつけませんが、真珠ならかまいません。
子供
<女の子>黒のワンピース
<男の子>黒か濃紺のジャケット
小学生以上で学校の制服があるならそれでも大丈夫です
(学生は、男女ともに制服が喪服となります)

▼ 喪服「通夜の服装」
遺急を聞いて勤務先や外出先から直接弔問に伺うときは、特に派手なものでなければ平服で構いません。

男性の場合
できれば、男性はブラックスーツ、
もしくはグレーのダークスーツ程度。
女性の場合
黒か地味な色(デザイン)のワンピースやツーピース。
和装なら紋つき羽織を着けています。

▼ 法要の服装
忌明け法要などには、喪服に近いものを着ますが、一周忌、三回忌と回を 重ねるにしたがって、喪の表現は少なくしていくのが一般のしきたりです。
一般的には地味な平服で差し支えありません。

男性の場合
ダークスーツにネクタイ、靴下も派手なものでなければ黒にそろえる必要はありません。
女性の場合
色無地の着物に黒帯か、洋装なら黒でなくとも、地味なワンピースや スーツならよいでしょう。
アクセサリーは目立たないものにします。

▼ 「香典」香典を持参する時期
死亡直後などは取り込んでいるときが多く、この時はご遺族の方も、会葬帳なども用意ができていません。通夜か告別式に香典を持参するのが一番無難でしょう。

TOPへ
滋賀県の葬儀社あんしん滋賀

フリーダイヤル
対応エリア:滋賀県全域(大津.草津.守山.栗東.野洲.甲賀.湖南.湖東.湖北.湖西)
〒520-0244 滋賀県大津市衣川1丁目33-37【大津市斎場葬儀 取扱い業者】